上手にスタンプやハンコを押すコツを教えます!

「ラバースタンプ」のカテゴリでご紹介している内容は、2005年から運営しております「Hand to Hand」を移行したものです。
当時のままの文章や画像を掲載しておりますが、ラバースタンプを使って何か作りたいと思ったときにご参考にいただければ幸いです。

消しゴムハンコでも同じことが出来ますので、是非、やってみてください。

スポンサーリンク

キレイに押すにはコツがある

スタンプやハンコで遊ぶ前」のページでも紹介しましたが、スタンプをきれいに押すのはコツがあります。

スタンプやハンコで遊ぶ前に用意するもの
「ラバースタンプ」のカテゴリでご紹介している内容は、2005年から運営しております「Hand to Hand」を移行したものです。 当時の...
  • 押し台の上でスタンプをしていますか?
  • インクのつけ方はどうですか?
  • ケツ(スタンプの絵柄以外のところ)がでていませんか?

ケツをださないためには?

スタンプのメーカーにもよりますが、絵柄以外のところ意外にもゴムがついているものもあります。

絵柄だけをゴム版にしてくれればいいのにと思いますが、コストのこともあるのでしょうか?昔のラバースタンプのほとんどのものが、こんなものでした。今

では、スタンパーの意見が取り入れられたのか、絵柄ぎりぎりまでゴム版がカットされるようになりました。

しかし、力強く押してしまったりすると、絵柄以外にもインクがついてしまっていることありませんか?そういう場合はカットしてしまいましょう。
周りをカットする周りをカットする

上手に押せるようになったら、カードに押してみましょう。小さなスタンプをバランスよく押すのは慣れている人でも難しいことです。インクをつける前にどこに押すかシュミレーションしてみましょう。それから押すと上手くいきますよ。

ランダムに押す場合

ランダムに押すじ向きでスタンプを押してしまいますと、動きがないカードになってしまったりすることはありませんか?
スタンプの向きをくるくる変えながら、カードや紙から絵柄がはみだすような感じで押しましょう。これだけで、カードに動きがでてきます。

文字のスタンプやハンコを入れたい場合

押すだけ押すだけ

文字を先に入れるとカード全体の構成がしやすくなります。また反対に文字を入れたいところの余白を考えながら、絵柄のスタンプをして、最後に文字のスタンプ。絵柄の上に重ねて濃いインクで文字のスタンプをしても素敵ですね。

色を変えてスタンプやハンコを押すだけ

インクの色でまったく違う作品を作ることができます。1色でも、1色まとめ押しをした後インクを拭いて色を変え、2色使いにしても、3色にしても、グラデーションのインクを使っても、インクの選び方は自由です。インクを変えて色々な作品を作ってみてください。
色を変えて押すだけ色を変えて押すだけ

色を変えて押すだけ

スポンサーリンク
関連コンテンツ