シャチハタスタンプ台特集:補充インク?特大?水性or油性?

先日、スタンプラリー用のスタンプ台についてご紹介しました。過去に投稿した「スタンプ・ハンコのためのスタンプ台インク ツキネコ編」を思い出し、今回はシャチハタスタンプ台特集をしてみようと思いました。

スタンプやハンコのスタンプ台インクの種類(ツキネコ編)
「ラバースタンプ」のカテゴリでご紹介している内容は、2005年から運営しております「Hand to Hand」を移行したものです。 当時の...

久しぶりにスタンプで遊ぼうと道具を色々だしてやろうとしたところ、インクが乾いていて使えませんでした。

劣化が激しくスタンプ台の表面のスポンジがスタンプにこびりついて、テンションが一気に下がりました。

ペロンっと表面がとれてしまっても、下のスポンジはまだ使えそうです。古いものは20年くらい前に購入したものなので、当然の結果かもしれません。

よく使うものは補充インクがありますが、たまにしか使わないけれど、それがないとテンションが上がらないというものがほとんどです。

黒一色で楽しいと思えるときもありますが、色とりどりでしたい場合、悩むところです。

補充インクを買うか?スタンプ台を購入するか、どちらにしても出費が大きそうで、特集をするのは、補充インクかスタンプ台を購入するにあたって、他のメーカーのスタンプ台も見てみたいと思ったという理由もあります。

というわけで「on the stamp」や「消しゴムハンコ」の記事はだいぶ先になり、スタンプ台の記事がしばらく上がることになると思います。

スポンサーリンク

シャチハタのスタンプ台・4種類一覧

シャチハタだけではなく、すべてのスタンプ台について結論から言うとどのスタンプ台、インクを使っても押せます。ただ、素材によって、滲んだり、乾かなかったりするので、目的に合わせて選ぶしかありません。

これは、包丁を例に考えていただければ分かりやすいです。包丁1丁あれば何でもいけそうなところですが、果物用とか、パン用とか分かれているのと同じです。

スタンプ台はすごく種類が多いですが、シャチハタはインクの種類としては、主に下記の4種類です。4番以降は工業用で、使い方がすごく限定されています。

特集に入れるか迷ったのですが、様々な使い方をする方がいるかもしれないので、これも合わせてご紹介します。

商品名 性質 目的
1 シヤチハタ スタンプ台 油顔 普通紙
2 フォアコートスタンプ台 油染 光沢紙
3 水性顔料系スタンプ台 水顔 和紙・模造紙
4 TAT(タート)スタンプ台
強着スタンプ台 タート<多目的用> 油顔 多目的
強着スタンプ台 タート<金属用> 油染 金属
強着スタンプ台 タート<プラスチック用> 油染 プラスチック



顔料、染料とは何?インクのタイプ

顔料とか染料と聞いてもよく分からないし、分かりにくいと思います。本体も同じようなパッケージであるために違いが分からず全部同じように見えてしまうかもしれません。

染料系と顔料系の違いは、ご自宅にあるインクジェットプリンターで少し想像できるかもしれません。購入するときにどっちにするか迷った方はお詳しいと思います。

<染料系>
色の発色がよい
耐光性に弱く色あせしやすい
普通紙に押した場合、滲む可能性もある油性染料系→乾きが早い水性染料系→油性に比べて乾きが遅く、耐光性・耐水性に弱い

<顔料系>
色がくっきりでる
耐光性に強く 長期保存できる
滲みが少ない

スタンプ台やインクの場合、その上に水性や油性がつくのでごちゃごちゃになります。
商品の説明に耐水性や耐光性に優れている、強いと書いてあるのは、油性だからだけでなく、顔料系のインクが耐光性があるということです。

前回の記事と重複する箇所もありますが、ご了承ください。

1.シャチハタスタンプ台(普通紙用)

<特徴>

  • 油性顔料系
  • 速乾時間 約3秒 (コピー用紙になつ印した場合)
  • 耐水性に優れている
  • 耐光性に優れている
  • 色濃く、くっりき捺せる
  • 環境にやさしく本体にリサイクル素材を使用し環境対応
  • 軽い力でもムラなく均一な印影を残せる
  • 補充時期までの期間が長いので経済的
  • なつ印できる回数 約8500回(60×20mmのゴム印でスタンプ台中形90×56mm使用)
  • スピーディーなインクの補充(従来品の約3倍速い!)吸収性の高い盤面表布の採用で、インクが素早く浸透する
  • 小から特大まで4サイズ展開

<不向きな素材>

  • 光沢紙(アート紙・コート紙)などツルツルした紙
  • 感熱紙やノンカーボン紙では発色文字が消えたり、印影が変色することがある
  • トレーシングペーパーは乾燥が著しく遅い
  • ビニールや合成紙は乾きません

シャチハタスタンプ台

色のバリエーション:紫・赤・藍・黒・朱・緑 6色

※別注として(空・牡丹・茶・黄)あり 容器の色は別注共通のグレー

サイズ:

小形  63×40mm 本体寸法:77×56×15.9mm
中形  90×56mm 本体寸法:104×72×15.9mm
大形 106×67mm 本体寸法:120×83×15.9mm
特大 143×87mm 本体寸法:159×105×16.7mm


補充インク:小瓶40ml・250ml

6色:紫・赤・藍・黒・朱・緑

2.シャチハタ フォアコート スタンプ台(光沢紙用)

<特徴>

  • 油性染料系
  • 速乾時間 約1分 (光沢紙になつ印した場合)普通紙になつ印した場合、約1秒
  • 耐水性に優れている
  • 耐光性は顔料系のインクより劣る
  • 環境に優しいリサイクル素材を使用した環境対応商品
  • インクの補充が可能で、繰り返し使えて経済的

<不向きな素材>

  • 和紙・模造紙・トレーシングペーパーなど印影がにじむ
  • 感熱紙やノンカーボン紙では発色文字が消えたり、印影が変色することがある
  • ビニールコート紙・合成紙などインクが全く浸透しない紙には捺印できない

シャチハタ フォアコート

色のバリエーション:黒・赤・藍 3色

サイズ:

中形  90×56mm 本体サイズ:77×56×15.9mm
大形 106×67mm 本体サイズ:126×102.5×17mm



補充インク:小瓶40ml・250ml

6色:紫・赤・藍・黒・朱・緑

3.水性顔料スタンプ台(和紙・模造紙)

<特徴>

  • 水性顔料系
  • 乾燥時間 30秒(コピー用紙になつ印した場合)
  • 小切手、手形、証券類などに最適
    (登記簿、小切手や手形、証券類などの長期保存を必要とする重要書類のなつ印に最適)
  • ノンカーボン紙や感熱紙に適している
    (発色文字が消えたり印影が変色することがない)
  • 優れた耐水性・耐光性・耐インキ消し性を発揮する水性顔料系インキを使用
  • 和紙などの粗い紙にもにじみにくい

<不向きな素材>

  • 光沢紙、トレーシングペーパーは乾きが遅いまたは乾かない
  • ビニールコート紙・合成紙などインクが全く浸透しない紙には捺印できない

水性顔料スタンプ台

色のバリエーション3色:赤・藍・黒
サイズ:

中形 90×56mm 本体サイズ:104×72.4×15.9mm
大形 106×67mm 本体サイズ:120×83.8×15.9mm

補充インク:28ml

3色:黒、赤、藍色

4-1.強着スタンプ台 タート<多目的用>

これ1つあれば網羅するような気がしますが、開けっ放しは出来ないので、物質的には使えてもスタンプラリーなどの目的には難しいです。フタを開けっ放しにしたら、数分でカピカピになります。

紙、布、プラスチック、金属まで使えますが、ものにより乾燥時間は異なります。インクの盤面の乾きが早いので、使用後はアルミ袋に入れて冷暗所で保管など扱いが厳重です。


<特徴>

  • 油性顔料系
  • 乾燥時間:数秒~2分
  • 金属、プラスチック、木材、布、皮革など、さまざまな非吸収面に使える
  • スタンプ台の蓋はインキ(溶剤)が揮発しにくいロック方式
  • スタンプ台の色のバリエーションは5色(補充インクには白あり)
  • サイズは中・大・特大の3種類
  • 速乾タイプのインクも有 (スタンプ台はなく補充インクのみ)

※白インクや速乾タイプのインクを使用する場合は、初期インキ充填なしの塗布用を使用

シャチハタのサイト参考

シャチハタ タート<多目的用>Webサイト

アート紙、コート紙、合成紙、印画紙、トレーシングペーパー、感熱紙(オーバーコートあり)、フィルムコート紙(PP、PE)、ダンボール紙、綿布、絹、麻、ポリエステル、ナイロン、レーヨン、皮革(牛革、鹿革、豚革、馬革)、合成皮革、ひのき、杉、合板(ベニヤ板)、化粧板(メラミン化粧板等)、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、セロハン、ナイロン、ポリエステル、スチロール、ABS、アクリル、ポリカーボネート、発泡スチロール、硬質塩化ビニール、アルミニウム、鉄、ステンレス、真鍮、一般塗装面、ガラス、タイル、陶器(ゆう薬)、陶磁器(素焼き)

色のバリエーション5色:黒・赤・青・緑・紫

サイズ:

中形 90.0×56.0mm 本体サイズ:110×91.6×16.5mm
大形 106×67mm 本体サイズ:120×83.8×15.9mm
特大形 143×87mm 本体サイズ:164×123.6×17.5mm

補充インク:20ml 小瓶55ml 大瓶330ml
6色:黒・赤・青・緑・紫・白

4-2.強着スタンプ台 タート<金属用>

<特徴>

  • 油性染料系
  • 乾燥時間:1~2分
  • 金属やガラスなどへのなつ印に適したインク
  • スタンプ台の蓋はインキ(溶剤)が揮発しにくいロック方式
  • サイズは中・大・特大の3種類
  • 速乾タイプのインクも有 スタンプ台はなく補充インクのみ

※速乾タイプのインクを使用する場合は、初期インキ充填なしの塗布用を使用

シャチハタのサイト参考

シャチハタ タート<金属用>Webサイト

アルミニウム、鉄、ステンレス、真鍮、メッキ製品、ガラス、タイル、陶器(ゆう薬)、石、レンガ

色のバリエーション:無(黒のみ)

サイズ:

中形 90.0×56.0mm 本体サイズ:110×91.6×16.5mm
大形 106×67mm 本体サイズ:120×83.8×15.9mm
特大形 143×87mm 本体サイズ:164×123.6×17.5mm


補充インク:20ml 小瓶55ml 大瓶330ml

1色:黒のみ

4-3.強着スタンプ台 タート<プラスチック用>

<特徴>

  • 油性染料系
  • 乾燥時間:1~2分
  • プラスチックやゴムなどへのなつ印に適した
  • インキスタンプ台の蓋はインキ(溶剤)が揮発しにくいロック方式
  • サイズは中・大・特大の3種類
  • 速乾タイプのインクも有 スタンプ台はなく補充インクのみ

※速乾タイプのインクを使用する場合は、初期インキ充填なしの塗布用を使用

シャチハタのサイト参考

シャチハタ タート<プラスチック用>Webサイト

化粧板(メラミン化粧板等)、セロハン、ナイロン、ポリエステル、スチロール、ABS、アクリル、ポリカーボネート、発泡スチロール、硬質塩化ビニール、天然ゴム、合成ゴム

色のバリエーション:無(黒のみ)

サイズ:

中形 90.0×56.0mm 本体サイズ:110×91.6×16.5mm
大形 106×67mm 本体サイズ:120×83.8×15.9mm
特大形 143×87mm 本体サイズ:164×123.6×17.5mm

補充インク:20ml 小瓶55ml 大瓶330ml
1色:黒のみ

<タートを使用するときの注意点>

  • タートインキは必ず同じ種類・同じ色のインキを補充(異なるインキの混用は不可)
  • 引火性のあるインキですので火気には充分に注意
  • 乾燥を防ぐためにスタンプ台をアルミ袋に入れて保管
  • 使用時以外は必ずフタを確実に閉めてアルミ袋に入れなるべく冷暗所に保管
  • 万一皮膚に付着した場合、体質により影響を受ける場合もあるのですぐに薬用アルコールで拭く
  • なつ印にはゴム印を使用、感光性樹脂印は使用できない
  • 強着スタンプ台 タートでなつ印したゴム印は、アルコールやタート溶剤で洗浄

<タートを使用する際に一緒に購入した方が良さそうなもの>

強着スタンプ台 タートの盤面インキ硬化やネバリ、糸引きなどを解消する専用の溶剤
強着スタンプインキ タートの捺印でお使いになるゴム印の洗浄用としても使える
強着スタンプインキタート溶剤 小瓶55ml・大瓶330ml

まとめ

シャチハタのスタンプ台は事務用から工業用まである

ツキネコのステイズオンとシャチハタのタートは多目的

スタンプ台 関連するページ

スタンプ台特集:やりたいことや押す素材から選ぶ

スタンプ台特集:やりたいことや押す素材から選ぶ
これまでにもスタンプ台特集をしてきましたが、今回は「やりたいことや押す素材から選ぶスタンプ台」です。 多目的に使える(ステイズオン)の...

スタンプやハンコのスタンプ台インクの種類(ツキネコ編)

スタンプやハンコのスタンプ台インクの種類(ツキネコ編)
「ラバースタンプ」のカテゴリでご紹介している内容は、2005年から運営しております「Hand to Hand」を移行したものです。 当時の...

シャチハタ他スタンプ台(インク)5選:スタンプラリー用

シャチハタ他スタンプ台(インク)6選:事務用・スタンプラリー用
こんばんは。 一昨日、イベント用のスタンプを購入する際のショップをご紹介しました。 スタンプに合わせて、使用するときのスタンプ台...

スタンプ台金色【サンビー/ツキネコ】油性or水性 4選メタリック編

スタンプ台金色【サンビー/ツキネコ】油性or水性 4選メタリック編
先日、お話した通り、持っているスタンプ台がカピカピになってしまい、新しく購入するか?補充インクを購入するか?悩むところがあって、しばらくスタ...

スタンプ台白【シャチハタ他】油性or水性6選  布・多目的・速乾・紙

スタンプ台白【シャチハタ他】油性or水性6選  布・多目的・速乾・紙
先日、お話した通り、持っているスタンプ台がカピカピになってしまい、新しく購入するか?補充インクを購入するか?悩むところがあって、しばらくスタ...

スタンプ台塗布用 【シャチハタ他】油性or水性 使い方は様々

スタンプ台塗布用 【シャチハタ他】油性or水性 使い方は様々
「スタンプ台白【シャチハタ他】油性or水性6選 布・多目的・速乾・紙」でもご紹介しましたが、塗布用のスタンプ台というものが存在します。インク...
スポンサーリンク
関連コンテンツ