色々なアクセントを使ってみよう

「ラバースタンプ」のカテゴリでご紹介している内容は、2005年から運営しております「Hand to Hand」を移行したものです。
当時のままの文章や画像を掲載しておりますが、ラバースタンプを使って何か作りたいと思ったときにご参考にいただければ幸いです。

消しゴムハンコでも同じことが出来ますので、是非、やってみてください。

カードを作り始めた頃は、紙のみまたはリボンが少しあるぐらいで材料を選ぶ選択肢がそんなになかったのですが、2000年からスクラップブッキングのアイテムが輸入され、最近では日本製でも可愛いものが100円ショップでも売られています。その選択肢は非常に増えました。

ブラッツ(割りピン)アイレット(はと目)など、日本には事務用のものしかありませんでしたが、小さくてカラフルな色や、メタルアクセント、ボタンや立体的なシール、リボン、などかわいいアイテムをスクラップだけではもったいない、カードに合うのではということで、カードに使うようになりました紙だけで仕上げるカードもいいですが、組み合わせたら可愛いものや平面の中にちょっと立体的なものが入っているだけで、面白いものになります。

スポンサーリンク
関連コンテンツ