雲母が入った固形水彩絵の具マイカカラーの使い方特集

「ラバースタンプ」のカテゴリでご紹介している内容は、2005年から運営しております「Hand to Hand」を移行したものです。
当時のままの文章や画像を掲載しておりますが、ラバースタンプを使って何か作りたいと思ったときにご参考にいただければ幸いです。

消しゴムハンコでも同じことが出来ますので、是非、やってみてください。

スポンサーリンク

水彩でも雲母が入った絵の具がある!

マイカカラー
この絵具はマイカ(雲母)が入った絵具です。
日本では呉竹のフィス顔料12色パレット(宝石箱)が同じような表現が出来ると思います。画像では大変分かりにくいのですが、色鉛筆、マーカーペン、水彩とは異なるメタリックでキラキラ光るような作品になります。

今まで、黒い紙に線画のスタンプを押して、マーカーペンで色を塗っても、暗くて分からない! 黒い紙にはメタリックな色でスタンプを押すのが一番いいなと思っていたのですが、この絵具は、黒い紙にとてもよく映えます。もちろん白い紙でも大丈夫です。使い方は簡単、水で溶くだけです。絵の具に直接水スプレーして、筆で塗っていっても、水筆ペンを使ってもどちらでも大丈夫です。
パレットにある色をそのまま塗ってもキレイですが、真中のパレットに、水性マーカーペンの色を落として水とこの絵具を混ぜながら色を塗っていくという方法はおススメです。普段の水彩とは一味違った作品になります。

マイカカラーマイカカラー

マイカカラーマイカカラー

マイカカラーマイカカラー

20120629_8

<関連するページ>
マイカカラーを使ったカード

スポンサーリンク
関連コンテンツ