イベント情報 けしごむはんこヴィレッジ vol.1 

久しぶりに伺った「スタンプカーニバル」で体験した「ゴム版画」のブースでいただいたDMで、「消しゴムハンコ」のイベントが開催されることを知りました。消しゴムはんこ専門のイベントは初めてだそうで、4月に大阪、6月に東京で開催されるそうです。スタンプカーニバル開催当初から消しゴムハンコの方が盛り上がっていましたが、消しゴムハンコ単独イベントすごいですね。

スポンサーリンク

消しゴムハンコ専門イベント開催

JESCA日本イレイサースタンプ協会

jesca

これに関連して知ったことですが、JESCA日本イレイサースタンプ協会という団体があり、消しゴムはんこ技能認定資格制度があるそうです。初級から上級までレベルアップしていく仕組みのようで、サイトを見ると全国にお教室があり受講生が800名にもなるそうで、今後の展開が気になるところです。

ペーパークラフトをずっとやっていなかった4~5年の間に、こんなことが起きていたなんて…驚きましたが、手作りを楽しんでいらっしゃる方が沢山いらっしゃることが分かって大変嬉しかったです。

絵を描くことが苦手、手先が不器用なので、消しゴムハンコのハードルは高く、すごく遠く感じてしまうのですが、完成された作品を見たりすることは好きです。

スタンプもハンコも、版画も同じ

スタンプとハンコの違いは、呼び方が英語か日本語かの違いくらいなのですが、私のイメージでは、スタンプを好む人は、スタンプを押して何かを作ることを主としており、消しゴムハンコの場合は、ハンコを作る過程と出来上がりまでが主で、押すのはポンとワンポイントのような感じです。

スタンプは小さいものから大きいものまで色々あるのに対し、消しゴムハンコは、片手で押せるくらいの小ぶりサイズで、年賀状くらいの大きさものを作るとしたら、何個か組み合わせて使う感じです。大きくなると版画のように紙の上に載せてバレンで刷っていらっしゃるようで、スタンプやハンコと版画、呼び方は違うけれど、カテゴリは同じですね。

制作者の方の独自の世界観は、押すだけで成立しているようなところはありますが、スタンプアートで出来ることは消しゴムハンコでも共通して出来ることですので、消しゴムハンコで押す以外にもなにか面白いことをしたいと思ったとき、過去の記事を参考に色々、挑戦していただけたら嬉しいなと思いました。

久しぶりに伺った「スタンプカーニバル」で、絵が描けない、不器用な私ですが、消しゴムハンコに挑戦してみようかな…とも思いました。

けしごむはんこヴィレッジ vol.1 情報

大阪開催 淀屋橋 けしごむはんこヴィレッジ vol.1 2017年4月16日(日)11~16時

大阪淀屋橋AAホール 大阪府大阪市中央区淡路町3-2-9

東京開催 浅草橋 けしごむはんこヴィレッジ vol.1 2017年6月25日(日)11~16時

東京浅草橋 東商センター 東京都台東区柳橋2-1-9

消しゴムハンコライブラリー

消しゴムはんこ、消しゴムスタンプ、消しゴム半谷の総合情報サイト

消しゴムはんこのライブラリー

JESCA日本イレイサースタンプ協会のWebサイト

スポンサーリンク
関連コンテンツ